>

トラブルが起こりやすい

親しい身内だけで行うお葬式

家族葬は、基本的に身内だけで行うものです。
ですから仕事の付き合いだけになる人や、顔を1回合わせただけの知り合い、近所の人は参加できません。
しかし中には、お葬式に参加したいと思っている人がいると思います。
勝手に来られても困りますし、後から伝える文句を言われることがあります。

余計なトラブルを回避するために、周囲の人間には前もって家族葬にすることを伝えておきましょう。
身内だけでゆっくりお葬式を行いたい、規模の小さいお葬式にすることが故人の遺言だと伝えると、わかってくれると思います。
お葬式だけでも大変でストレスが溜まるのに、周囲の人間と揉めるとさらにストレスが溜まってしまいます。
伝える人を把握してください。

伝えるのが面倒になる

故人の知り合いが多ければ、それだけ家族葬であることを伝えなければいけないので面倒な手間が増えます。
それが家族葬のデメリットだと言えるでしょう。
また、故人と生前非常に仲良くしていた友人がいると思います。
家族ぐるみの付き合いをしていたなら、家族葬に呼んでも良いと思います。
親戚でも非常に遠い親戚や、数年に1回しか会わない人がいるでしょう。

そのような人は、呼ばなくても構いません。
ですから家族葬に呼ぶ人を決める仕事があります。
呼ぶ人が決まったら、早く連絡してください。
お葬式に来てほしいと思っても、相手の都合があります。
連絡が遅れると、スケジュール調整ができなくて参加できないと言われるかもしれないので気をつけてください。


この記事をシェアする