>

ゆっくりお別れをしよう

時間を有効に使える

お葬式の時時間は、限られていると思ってください。
ですからあまりにも忙しいと、故人とお別れする時間がなくなってしまいます。
きちんとお別れを済ませられるように、家族葬をあえて選ぶ人が急増しています。
また、負担が減るという面もメリットです。
普通のお葬式の場合は会場の手配をしたり、参列者をもてなしたりとやることがたくさんあります。

気持ちの面で負荷がかかることが多いです。
家族葬は、ストレスフリーでお葬式を実施できるのでおすすめです。
疲れた身体でお別れしても、故人は心配になって安らかに眠れません。
普通のお葬式の説明を聞いて、負担が大きいと思ったら避けください。
特に遺族が少なかったり高齢だったりする場合は、仕事が多いと大変です。

自由な形式のお葬式

これまでの形式にこだわりたくない人も、家族葬を選択する傾向が見られます。
例えば、故人が生前好きでよく聞いていた曲があると思います。
それをお葬式に流したいというなら、家族葬の方が実現しやすいです。
一般的なお葬式はどうしても形式があるので、できないことがあります。
明るい曲でも構いません、
故人が好きだった曲なら、安らかに眠れるでしょう。
遺族が泣いているよりも笑って明るく見送る方が、故人が喜ぶと思います。

特別にお供えしたいものがあれば、用意してください。
故人が好きだったお菓子や飲み物があれば、仏壇に備えてお葬式を進めましょう。
お寺に行って拝んでもらう場合は、お寺のスタッフに備えたいものを渡してください。


この記事をシェアする